This page is not optimised for Internet Explorer.

Please use preferably one of the following browsers with the latest version: Firefox, Chrome, Edge or Safari.

基準穴システム

基準穴システム

基準穴システム (ø12 F6/M12、ø16 F6/M16) は、単純な形状のワークであれば、簡単にセットアップできる上に、精度良くワークを固定することを可能とします。ハルダー社は、 ネジ付基準穴のベースプレートをご要望に合わせたサイズでご提供することが出来ます。また、このプレートを単独で使う、もしくは、他のシステムとの組み合わせて使う場合、それぞれの目的に応じて製作いたします。この基準穴システムは、ベースプレート、マウントブロック、コンソールで構成されています。 これらの製品は、標準在庫品となります。 本システムは下記の構成エレメントに分類されます:

  • ベースエレメント (ベースプレート、クランプ・アングル、クランプ・キューブ)
  • マウントエレメント (クランプ・アングル、コンソール、マウント・エレメント、クランプバー、ストッパー、クランプヘッド、シャフト、Cワッシャー、ストッパーアングル、調整ボルト、サポートプレート、Vブロック、位置決めクランプバー、サポートバー、位置決めクランプシリンダー、位置決めボルト、プラグ)
  • 標準セット(L12、L16)

また、各エレメントのCADデータは、複数のフォーマットでダウンロードすることが出来ます。

2種類のモジュール治具システム L12とL16は、穴径12 mm、16 mm、ネジ径M12、M16となります。

それぞれのシステムを使って、様々なクランプ治具をセットアップすることが可能です。